「RPGを初めて遊ぶ人のためのRPG」を遊びました

  • 2016.04.05 Tuesday
  • 23:12
作者:えあてき 様
ホームページ:http://airteki.web.fc2.com/
第6回WOLF RPGエディターコンテスト総合グランプリ10位受賞。

「冒険?なにそれおいしいの?」
そんな新米冒険家にお勧めな『冒険家体験ツアー』!
旅の案内人・妖精ペックがあなたを冒険の世界へご案内します!
――というストーリーのゆるゆるさくさくRPG。
「四つの宝玉」を求めて旅をする主人公に事件が発生!?…無事に「卒業試験」を終えることができるのか?

――コンテストのゲーム説明より引用

******

 時々思いついたようにフリーゲームを求めてさまよい、没頭するという発作(?)があります。最近は専らウディコン結果発表から探している。
 久々にそんな発作に見舞われた矢先、巡り会えたこの作品のことを書きとめておこうと思います。

 第6回ウディコン出展作品だと5位の「ソラドウト」(これもよいものでした。いつかまとめる)、7位の「ユトレピアの伝説」(長いこと中断してる……すみません)を遊んだんですが、もしかしたらまだ見落としてる名作があるやもしれん、ともう一度結果発表ページをじっくり眺めてみたところ、こちらのタイトルが目に止まりました。

 こういう「名は体を表す」コンセプト性に非常に弱いです。
 サンプルとして載っていたプレイ画面もシンプルですし、こんなタイトルのゲームなら心折れずについていけそう!と思えました。(凝ったシステムやUI、複雑な世界観のゲームを開始数分で挫折した経験があるもので……)
 一方ではコンテストのレビュー欄で「(最序盤のチュートリアルを終えた後)村にたどり着いたあたりからは本当に楽しかった」と書いておられる方がいらっしゃいました。「何があるんだろう、とりあえずそこまでやってみたくなるな」と思いますよね。というわけで、 遊んでみました。

 基本的操作から探索・戦闘に至るまでチュートリアルはとっても丁寧でした(←その作品を遊ぶのが初めてであれば、チュートリアルはまじめにこなすヤツ)こちらを置いてけぼりにしない雰囲気づくりが嬉しい。
 練習ダンジョンを踏破した後は冒険の拠点になる村に着くのですが、その村に居着くまでの流れが楽しすぎます。空き家を借りるために村長さんのところへ行こう、ってモンハンクロスで見た流れだこれ!序盤はそういうわけで村長さんから空き家借用のお許しを得るため、村人のみなさんの好感度を一定数まで上昇させることを目標に動くことになるんですが(話しかける、お願いをきく、おつかいをする等)それを通してより探索やモンスター相手の立ち回り、世界観への理解が深まります。空き家を借りられる頃にはすっかり慣れたもの。
 また、頼まれたおつかいやゲームの目標などはメニューの「クエスト」欄にまとめて表示され、「今何をすればよいか」を見失うことがありません。同時進行でいっぱい受注しちゃう人なので助かる……。

 初心者向けを謳いつつやりこみ要素も充実している中で、特に「お料理」システムにはのめり込みました。Ruinaにしろ新世界樹の迷宮2にしろ、RPGの中のお料理要素ってとっても好きなのですがこれも例外ではありませんでした。なんという飯テロゲー!
 このゲームにおける料理は「レシピを埋めて、新メニュー考案に苦しむ酒場の主人に提案をしてあげる」というものであり、新世界樹2のように一時的探索準備として食べるというわけではないのですが(酒場のメニューに追加されればそれを食べてHP上限値を増やすことはできる)困ってる人は助けたいし、とりあえず空欄があると埋めたくなっちゃうよね。
 欲しい食材のドロップを求めて血眼でフィールドをさまよい歩き、戦闘をこなすあまりちょっとレベル上げすぎちゃったのもよい思い出です。グレムリンとか遺跡荒らしとか遺跡荒らしとかな!許すまじ!!
(※何回も逃げているとステータス欄の「○○な冒険家」という肩書きがランクダウンしてしまうので、エンカウントしたら最後ちぎっては投げちぎっては投げするしかありませんでした……そこだけがちょっとつらかった)
 最初からすべてのメニューを作成できるわけではなく、時にはこのように僻地の敵から材料を調達しなければいけないし、また戦闘経験値で上昇するレベルとは別に「料理経験値・レベル」が設定されていて、より上級のレシピを解禁させるには積極的に台所に立って料理レベルを上げなければいけません。
 その甲斐あってカカオからチョコレートを作れるようになったり、いっちょまえにエッグベネディクトを作れるようになったり、セットメニューができちゃったり、レシピは次第に本格的・おしゃれ・豪華になっていきます。この主人公けっこう器用だぞ!

 お話に関してですが、拠点を築いて冒険家稼業が板につき始めてからはだんだん雲行きが怪しくなっていきます。むしろここからが本番。とんだタイトル詐欺だよ!(※もちろんいい意味で言ってます)
 不穏な展開の中でも目的を見失わずにがんばって、がんばった先には衝撃の事実があって、でもやっぱり最後にはいいことがありました。そんなお話です。
 プレイヤー=このツアーの主人公というゲームの性質上、全編通して「主人公がしゃべらない」ことも個人的にはポイント高かったです。汗マークやお花マークのついたふきだしを頭上に出すことで最低限の感情表現をしている程度。キャラクターが固まってる主人公もそれはそれでよいものですが、台詞のない主人公には愛着がわく派です。
 これ以上のことはネタバレを含んでしまうので、キャラクターやお話については追記にて……

 現在はクリアして料理のメニューも埋めて、アイテム辞典に少し空欄を残すのみというところまで来ました。
ググってみたところ、どうも緑色の宝箱からのランダムドロップらしいので後は運任せだ……!やるからにはコンプリートしたいのでそのうち埋めます、そのうち。
 既に何回も言われてることだけれど、「初めて遊ぶ人のための」と銘打っているからといって熟練者さんお断りというわけではないし、前述したようにやりこみ派の私でも非常に楽しめたRPGでした。作中に登場する謎かけやパズル要素は簡単すぎず、程よい難易度でストレスになりません。
 コンセプトに沿って初心に帰れる人、まじめに楽しめる人に強くおすすめしたいです。レッツ冒険家体験ツアー。
 
続きを読む >>

【11/23更新】12/19(土)池袋mismatch「UTAU FESTIVAL!!」に出演します

  • 2015.11.23 Monday
  • 22:30
2015年を締めくくる、UTAUオリジナル楽曲による一大ライブイベント。

◆UTAU FESTIVAL!!
公式ホームページはこちら
公式Twitterアカウントはこちら

2015/12/19(土)
会場 mismatch
→〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-44-10 タイガースビル1F
TEL:03-6915-2774

【チケット情報】
前売及びTwiPla割引 ¥2,300+ドリンク¥500 / 当日 ¥2,500+ドリンク¥500
★前売券について★
10/3(土)開催のUTAUオンリーイベント「君とUTAU日々」における前売券委託販売は終了しました。
「project Tricolored」様、ありがとうございました。
★TwiPla割引について★
こちらからどうぞ!

【出演陣】
<メインステージ>
♪楽団ハルモニア
ボーカル 藤本萌々子
キーボード、トロンボーン 市蔵
ドラム neL(毎夜P)
ベース 30代P
ギター ワザマ
コーラス 甘えび
フルート 風原
トランペット Man_boo

♪Private Maniac Performer
ボーカル 小山乃舞世
ギター ミナツキトーカ
ギター hario
ベース nakano4
ドラム neL(毎世P)

♪THE 滲ムンです。
ボーカル 雷地ゆう(マサミチ)
ギター ぴぼ
ギター バッチオ
ベース さきし
ドラム ぐー
キーボード 市蔵

♪シオミズ
ギター、ボーカル 薄塩指数
ベース、コーラス やまふぁあ
ドラム ペンギン

♪㊛バンド
ボーカル Reona
ベース デスおはぎ
ギター ワザマ
ギター ゆうちゃん
ドラム 横田挙章

<サブステージ>
♪etritt
ベース かしま
ボーカル cyan
ギター akot
パーカッション C

♪carpe musica
ギター等 みやびし
ボーカル 九
ベース 新藤白兎
キーボード kiwa
カホン どーらん美人
チューバ ですけ

♪保健だより
ボーカル、ギター 月代白亜(保健体育P)
ボーカル、フルート れいな
キーボード、アコーディオン miw

♪ぱんだあめ
ボーカル 甘えび
ギター、キーボード DEZ
ギター いーちゃんP
バイオリン 霧島柚衣

♪副交感神経
ギター 修造
ボーカル にー
キーボード tamaGO
カホン オオハラシンイチ
続きを読む >>

「音楽と流星群」ありがとうございました

  • 2015.11.23 Monday
  • 01:16
こちらの記事でお伝えしておりました、下北沢はmona recordsさんにて開催されました11月21日のライブイベント「音楽と流星群」が無事終了いたしました。お越しいただきました皆様、出演者およびスタッフの皆様、ありがとうございました。お疲れさまでした。
私は藤本萌々子さんからお誘いを頂き、#2307のゲスト枠として、琴の演奏とコーラスで後半2曲に参加いたしました。あんなにも間近で、若い年齢層の方に(!)自分の楽器の演奏を真剣に聴いていただける機会はたいへん貴重なものでありました。

前半の3曲「月光食堂」「なつのみぞれ」「ホワイトナイト」に続き、後半は新居昭乃さんの曲のカバー「昼の月」「Lhasa」をお届けいたしました。
アレンジにあたっては2曲とも、まずはそれぞれ特定の楽器のパートにクローズアップし、そこにある音を可能な範囲で拾っていき、手の空くフレーズがあれば他の楽器のラインにも注目しました(昼の月のサビのバイオリン部分など)。あまり複雑なことはせず、それでも合わせ爪、すくい爪、かき爪、トレモロ、グリッサンドなど基本的な奏法は一通り織り込めるように楽譜を書きました。この楽器のおいしいところはだいたい伝えられたかなと思います。自分以外に読めるメンバーが誰もいなかったため、誰にもこの会心の出来を共有できなかったのが残念です!(参考画像

昼の月はアルバム「RGB」を聴いた時、1曲目に収録されていることもありとても強く印象に残った曲でした。実は、去る7月26日に小手指で行われたセッションオフで萌々子さん、市蔵さんと既に合わせたことがあったりします。今回のお話を頂いた際にぜひあれをライブでということで、すんなり決まった曲選です。
冒頭のアルペジオがやりたかった。原曲でこの部分にどの楽器を使っているのか恥ずかしながら存じ上げないのですが、あのアルペジオだけで曲の世界にぐっと引き込む力があると思っています。のでアルバムのイントロダクションとしても最高なんですよね。お琴で再現してみると程よい緊張感が生まれてまた違った味わいに。
間奏にはおいしいソロもあるので、弾いている側としてもたいへん幸せになれました。

Lhasaはアルバム「ソラノスフィア」より。2曲目は複数の候補がある中で、これは最も難しそうだぞという予感が最初からしていました……が、神秘的な雰囲気に魅せられてぜひこれでいきましょう、と。
トレモロ地獄でした。さすがに胡弓のパートの完コピは無理だったのでだいぶ簡略化しています。一部ブズーキのパートも盛り込みました。土台を固めつつ技巧的な演奏は市蔵さんがやってくださる(であろうと踏んでいた。実際助けていただきました)ので、お琴はシンプルにのびのびと弾けるように仕上げました。聴きどころはイントロ後の指弾きによって生まれる幻想的な音です。1番サビの直前のソロには一部の弦にオクターブ上で鳴る処理を仕込んだんだけど、これ成功したんだっけな……もう記憶がないぞ……
コーラスはけっこう慌てて仕込んでおりまして、弾きながら歌えるかということも不安だったのですがご好評頂けてありがたいです。比較的単純なハモりだったので助かりました……。萌々子さんの抑揚と息遣いに寄り添った上で、安定感と包容力のあるコーラスワークを目指しました。ほわーん。
ちなみに、「ソラノスフィア」収録曲については新居さんご本人が解説しているページがあり、Lhasaのこともばっちり触れられています。聴きに来てくれた中で興味のわいたかたはぜひ思い出しながら読んでみてね。9曲目です。→こちら

市蔵さんの安定感ある細やかで玲瓏なピアノ、筝の音が持つ幽玄な魅力、そして何より新井昭乃の世界を体現しうる萌々子さんの唯一無二の歌声の重なりは、想像以上に心地よく胸が震えるものでした。おそらく客席のみなさんが肌で感じていたであろうものを、同じように私もステージで感じていました。
また、今回PAさんには非常によくしていただき、筝も歌もたいへん心地よくパフォーマンスを行うことができました。10年以上お琴をやっていて、こんなにも落ち着いて気持ちよく演奏できた音響は、生まれて初めてかもしれません……
終演直後から嬉しいお言葉の数々をたくさん賜っております。演奏者冥利に尽きます。条件さえ揃えばぜひまたやりたいと、思うことができます。本当にありがとう。
お琴で演るなら「叶えて」もいいし「三日月の寝台」もいつかきっとやりたい……たぶん弾きながらぼろぼろ泣くだろうけど……
ZABADAKの「にじ・そら・ほし・せかい」もいいですね。となるともう一人ボーカルが必要だ。

スタッフのみなさんには度々「そんなに遠方からこんなに大きな楽器を……」と労をねぎらっていただいたのですが、萌々子さんのためならエンヤコラであることは重ねて申し上げていきたい。
お琴は長さ180cmに及ぶ長い楽器で、そんなデカブツをどうやって持ち運んでいたのかというとですね、この画像を見ていただければおわかりいただけると思うのですが、キャリーカートに紐でくくりつけてゴロゴロ転がしてます。
おかげで平地移動はとても楽になりました。ただやはり高低差があるときつい。この3日間でバリアフリーの重要性を痛感しました。
さすがにここまでの大荷物を携えての長距離移動が苦にならないレベルの腕力を身に着ける、というのはあまり現実的ではない気もするので、階段を避けるルートとエレベーターを手早く探し出せる能力を習得しようと思いました。できる限りの工夫で、少しでも楽できるように努力をしよう。
そして今回の教訓として「現地で借りられるものはできるだけ借りて荷物は軽くすべき」ということを学びました。何も譜面台まで持参することはなかったんだ……とほほ
続きを読む >>

我が家にMEIKO V3がやってきた

  • 2015.11.06 Friday
  • 03:00

何がそういうわけなのかって話ですが、お気づきの通り11月5日はMEIKOさんのお誕生日であるからして思い切ってみたんです。とうとう憧れのMEIKOさんを手にすることがかなったのでした。
V3です。いずれV1も在庫がなくならないうちにと考えています。

さっそくインストールして数時間がんばってみた結果がこちらになります。

曲は渋谷凛さんのNever say never……の歌いだし部分をほんの少しだけ。日中仕事しながらMEIKOさんのことを考えていて、ふと、これを歌ってほしい、と思ったのでがんばってみました。
VOCALOIDははるか昔に体験版のV1MEIKOを触ったのみですし、一筋縄ではいかないことはわかっていたので、むしろこれだけできれば自分としては及第点だと思います……「ば」のこもった感じと「だ」の滑舌をどうにかしたいなー。
覚えることがいっぱいですが、説明書を片手に携えつつ今後も気長にがんばるぞ!
 

活動の実態について

  • 2015.09.26 Saturday
  • 01:52
筆者の素性についてはプロフィールをご覧いただくとして、こちらではもう少々詳しく活動の説明をします。

 
続きを読む >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

SQ3マイギルド

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM